検索
  • clubark

コンプライアンスについて


コンプライアンス

 以前、人工知能開発においてシンギュラリティーを超える可能性を持つ脳科学があると「YouTube」及びある機関や企業へ発言や連絡をしたことがあった。例えば、Googleなどへ。その後、日本政府やGoogleは世界の脳科学者を集め「コンプライアンス」の名目で規制をかけた。その後、日本においては実績のない科学者や凡庸がその開発を進める現象が起きている。

ファンド

 同じように4・5年前にある「YouTube」のアカウントにおいて、人工知能が今後の政治経済の推進に重要な役割を果たすと発言したことがあった。その後、ソフトバンクの孫正義氏が世界の人工知能開発の指揮者になりたいとあの「ビジョンファンド」を立ち上げ失敗した。

これらには盗用や予算目的が求められるものが存在し、しかし結果を出せていない。最近では、スーパーシティ法案が日本において成立したが目的は支配強化の管理社会である。






0回の閲覧
 

購読登録フォーム

©2020 by clubark。Wix.com で作成されました。